Canunda Refractive Beam Shaper

完全Refractiveタイプのビームシェイパー。Refractive光学系なので、極短パルスレーザーに最適。

フランスCailabs社は2010年にMulti-Plane Light Conversion(MPLC)技術を開発。これは量子光学向けの光をコントロールする技術でした。その技術を使い、高機能かつ、高品質なビームシェイパーを高出力、高ピークパワーレーザー向けに開発・製造・販売をしています。中でも極短パルス用ビームシェイパーのCANUNDA PULSEは様々な光学特性を組み合わせることが可能です。トップハットプロファイル生成、ビームのスプリット(2D)、 ベッセルビーム生成と様々な特性をRefractiveな光学系でコントロールすることが可能です。ビームモードのフィルター(パッシブ)が内蔵されている為、高次モードによるプロファイルの変形が自動的に除去されます。

製品特徴


  • CANUNDA PULSE 【ベッセルビーム】

    透明材料の加工に最適なベッセルビームをスムーズで安定したインテンシティプロファイルで生成が可能。アクシコンレンズに等に比べ、高いアスペクト比のベッセルビームを生成。


  • CANUNDA PULSE 【ビームスプリット + トップハット + 角形状プロファイル】

    ユーザーの要望に合わせ、トップハット+ 角型のビームをピッチを規定して、2Dに配置することが可能です。


  • CANUNDA PULSE MP

    High Power laser用のビームシェイパーユーザーのアプリケーションによって、任意のビーム形状にできます。50Wクラスのレーザーに使用も可能です。

注意事項

※商品のデザイン、仕様は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。詳細は各営業担当までお問合せください。

ページトップ