Cailabs

Cailabs社について

フランスCailabs社は2010年に量子光学向けの光をコントロールする技術として、Multi-Plane Light Conversion(MPLC)技術を開発しました。この技術は光通信、長距離空間通信世界で広く活用される技術となっております。このRefractive Opticsの技術を使い、Cailabs社では高機能、高品質なビームシェイパーを高出力、高ピークパワーレーザー向けに開発・製造・販売をしています。極短パルス用ビームシェイパーのCANUNDA PULSEは様々な光学特性を組み合わせることが可能で、トップハットプロファイル生成、2Dのビームスプリット、 矩形プロファイル等、様々な特性をRefractiveな光学系で生成することが可能です。また、透過型より高品質なヴェッセルビーム生成が可能なAxicon Mirrorも好評なアイテムとなっております。

ページトップ