BWA-CAM、BWA-MON レーザービームアナライザーシステム(M2測定器)

M2のリアルタイム計測を実現!

ファイバーレーザーなどの高出力化に伴い、ビーム品質(M2)やプロファイルを測定する必要性がますます高まっています。HAASではそれに対応すべく、インライン、リアルタイムで使用できるビームアナライザーシステムを低出力から高出力レベルまで数多く取り揃えています。世界的な研究所やメーカーで続々導入されています。

製品特徴


  • 低パワーからkWクラスレーザーまで対応

    写真:10 kWファイバーレーザーにおけM2および熱レンズ効果のリアルタイム測定の様子。


  • 独自のエタロン光学系を採用(US Patent)
    可動パーツがなくコンパクト、高い堅牢性

    レーザービームを2枚のエタロン間で反射、一部透過させることで、複数のビームスポットを同時に観察することができます。


  • ISOレーザービーム計測に準拠

    ISO準拠で世界標準のデータを計測できます。


  • オートキャリブレーション機能搭載

    通常はオートキャリブレーションで正確な測定が可能です。


  • 高精度モデル、デュアルカメラシステムあり
    お客様に合わせたカスタマイズ化が可能

    写真上:高精度モデル
    写真下:デュアルカメラシステム

仕様

BWA-CAM

測定M2 1~40(実績値)
主なリアルタイム測定データ M2、BPP、ビーム径、レーリーレンジ
ビーム径 50~2000 µm(2Mピクセルカメラ使用)
波長 325~1100 nm
測定パワー(最大) CW:30 kW @ 1075 nm(実績値)、パルス:1 GW/cm2 @ 800 nm *外部アッテネーター使用
主な機能 3D表示、自動レポート作成、QCチェック、ログ記録
インターフェース ギガビットイーサネット
エクスポートデータ データシート、RAWデータ
計測時間 40~166 msec(PC性能による)
繰り返し測定精度 < ±0.5%
キャリブレーション 自動 or ユーザーによる手動

機械仕様

BWA-CAM
BWA-CAM

注意事項

・製品をご購入いただいたお客様は、専用ソフトウェアのアップグレードを無料でご利用いただけます(ウェブからのダウンロード)。
・商品のデザイン、仕様、外観、価格は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。詳細はお問い合わせいただきますようお願いいたします。

応用例

高出力ファイバーレーザーの測定実験

10 kWファイバーレーザーのM2を測定した時の様子(BWA-CAMは旧モデルを使用)。これまで30 kWまでの実績があります。


ページトップ