干渉計/インターフェローメーター Teem Photonics 超小型高分解能干渉計(変位計・振動計)

Teem Photonics社について

1988年よりマイクロチップレーザーをベースとしたモノリシック構造のピコ秒パッシブ Qスイッチレーザーの専門メーカーです。ティームフォトニクス製品は信頼性が高く小型低 価格を実現しており、年間の生産台数は3000台を超えています。特にショートパルスレーザーとしての分光分析機器光源、レーザーマイクロマシーニングやバイオ関連用途で多くの実績があります。波長1535、1064、532、355、266、213(新発売)nmの中よりきっとお探しのモデルを発見できるはずです。

ピコメートルスケールの変位や振動を測定できるコンパクトで高性能の干渉計

シングルチップ構造により、超低ノイズでピコメートルレベルでの測定ができます。通信用1.55µmレーザー(別売り)を利用できます。ファイバーピグテールを介してリモートが可能です。 この世界最小クラスのレーザー干渉計をセンサーとして、サブナノメートル変位の測定、高精度位置センサー、高精度振動センサー、高精度の屈折率測定にご利用できます。

製品特徴

  • ピコメートルオーダーを簡単に測定できる干渉計

    PicoMove干渉計はシングルチップ・モノリシック構造に基づいて、コンパクトに設計されたマイケルソン型干渉計です。可動部がなく超低ノイズで安定したピコメートルオーダーの変位や振動を測定できる信頼性の高い干渉計です。

  • 低光路長差のモデルと超高真空モデルも対応可能

    PicoMove: 高分解能、最高の安定性、PicoMove-IS:高分解能、小型、低光路長差、PicoMove-UHV: 高分解能、超小型、超高真空の3つのモデルがあります。 

  • 4つの出力インターフェイス

    PicoMove検出モジュール(PMDM)から光ファイバーで4ch出力できます。 モジュールは5V電源が必要です。
    4つのアナログSMB出力ポートからバンド幅500kHzで出力されます。

仕様

光源波長 1530-1560 nm
分解能 10 pm
固有ノイズ <1 pm/ Hz1 / 2 at 1Hz
ビーム発散角 <6mrad
干渉コントラスト ≥90%
測定出力位相シフト p / 2±0.05rad
I/O光ファイバー PM1550/SMF28
I/O光コネクタ FC

ダウンロード資料

  • ダウンロードするには下記の情報を入力してください。

    貴社名* 必須
    所属
    氏名* 必須
    電話番号
    メールアドレス* 必須

注意事項

※商品のデザイン、仕様は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。詳細は各営業担当までお問合せください。

この製品についてお問い合わせする

お問い合わせ製品名
貴社名* 必須
所属
氏名* 必須
メールアドレス* 必須
電話番号* 必須
お問い合わせ内容* 必須
ページトップ