光ピンセットシステム Elliot Scientific

Elliot Scientific社について

エリオットサイエンティフィックでは、多軸フレクシャーステージ(マートックデザインの特許)を販売しています。このステージは高精度を維持するような板バネが使用され安定した動作で定評があります。また調整ノブは滑らかで、且つ、高精度な位置調整ができることから定評があります。 調整ノブのみの販売やOEM供給も可能です。 他に超小型ステージ各種(サイズ12×16mm、ストローク3mm、精度0.5µm以下)も精密調整用に広く使用されており、真空、非磁性などの対応製品も用意しています。

アドオン型マルチ光ピンセットシステム

Elliot Scientificは、アドオン型の光ピンセットを開発しました。様々な研究用顕微鏡に後付けできるように設計、開発されているので、既存の顕微鏡システムに取り付け後、研究者が初日から作業を開始できるようになりました。細胞工学、イメージング、セルソーティング、細胞間力、細胞膜強度、一分子力学測定、マイクロレオロジー(コロイド、化学)等にご使用できます。

製品特徴


  • マルチスポット光ピンセット(E3500)

    このシステムは、レーザー、ビームステアリングオプティクス、顕微鏡インターフェースを含む光学モジュールと、ドライブエレクトロニクス、コンピューター、独自の制御ソフトウェアを備えた制御モジュールで構成されています。市販の高品質顕微鏡にアドオンすれば、コンピューター制御のビームステアリング機能により、複数のミクロンサイズの粒子を自由にトラッピング操作できます。


  • 研究者にやさしいソフトウェア制御

    マルチ光トラップシステムは、使いやすいソフトウェアにより、マウス制御によって簡単に作成および配置、移動ができます。これらのトラップは、単一スポット、ラインアレイ、または円形アレイにすることができます。トラップの間隔、向き、数は、ソフトウェアのコントロールパネルから簡単に調整できます。トラップを追加するときは、既存のトラップに影響を与えることなく、いつでも追加または削除できます。複数のアレイとスポットは、互いに完全に独立して操作できます。


  • QPDベースの力学測定オプション(E4100)

    象限光検出器(QPD)に干渉パターンをイメージングし、専用のソフトウェアを利用することで、オペレーターはトラップされた粒子の位置をナノメートルの解像度でモニターできます。また、測定ソフトウェアを使用すると、1つのオブジェクトの動きを小さい範囲内に閉じ込めて調整できるため、加えられる力を計算することができます。これにより、バイオメカニカルシステムを調査する多くの科学者にとって、光ピンセットが特に魅力的になります。複数のQPDおよび/または補助プローブビームのオプションも可能です。


  • CPTベースの力学測定オプション(E4500)

    カメラパーティクルトラッキング(CPT)システムにより、定量的測定が可能です。このオプションは、微視的な世界で力を測定するための非常に貴重なツールになっています。微小粒子に光が及ぼすことができるピコニュートンクラスの力は、科学者、特に生物医学の科学者に力を与え、損傷を与えることなく、単一分子、細胞、およびコロイドに関する重要な研究を行うことを可能にします。

仕様

E3500 顕微鏡インターフェース付き光学モジュール
音響光学ビームステアリング光学系
IRレーザー、パワーモニターおよびディスプレイ付き
AO変調器ドライバーとコンピューターインターフェイスを備えた電子モジュール
電子インターフェースモジュールを備えたコンピュータ
コンピューターモニター
GUI制御ソフトウェア
高速ビデオカメラ
レーザー遮断フィルター

ダウンロード資料

  • ダウンロードするには下記の情報を入力してください。

    貴社名* 必須
    所属
    氏名* 必須
    電話番号
    メールアドレス* 必須

注意事項

※商品のデザイン、仕様は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。詳細は各営業担当までお問合せください。

この製品についてお問い合わせする

お問い合わせ製品名
貴社名* 必須
所属
氏名* 必須
メールアドレス* 必須
電話番号* 必須
お問い合わせ内容* 必須
ページトップ