ラマン用狭線幅半導体レーザー ハイブリッド狭線幅半導体レーザーモジュール

狭線幅で抜群の周波数安定度!!ラマン用半導体レーザーモジュール

Innovative Photonic Solution社(IPS)は、メーカー設立以来ラマン分光用の光源で世界中に販売し続けている老舗のレーザーメーカーです。十分な狭線幅、サイドモードが抑制されたきれいな単一縦モード、長時間における周波数安定度など、ラマン分光に必要な性能をすべて備えています。

製品特徴


  • DBRとECDLのハイブリッド構造!

    グレーティングを一般的なものではなくボリュームホログラフィックグレーティング(VHG)を使用し、グレーティング自体を共振器として使用した、DBRとECDLのハイブリッドレーザーです。この構造により、狭線幅である上周波数安定度の良いレーザーが出来上りました。


  • 標準品でファイバーカップルと空間出力の両方をご用意

    空間出力でコリメートされた状態で出るものと、ファイバー付で出るものを両方ラインナップ。ファイバーはMM,SM,PMのすべてをそろえております。ご用途に応じて選択ください。


  • 小型のものからキースイッチつきまで、5種類以上のパッケージをご用意

    ピンに電圧を与えることで駆動するバタフライパッケージからラボ用キースイッチ電源がついているフルパッケージまで5種類以上のラインナップをそろえております。装置組込みから実験用途まで対応可能です。


  • 温度が変わっても波長がほとんど動きません!!

    ラマン分光などの場合、レーザーの周波数が頻繁に変わってしまうと測定結果に影響します。本レーザーは、温度が1度動いた場合でも周波数が0.007nmしか変動しません。

仕様

633-1064nmまで様々なラインナップがあります。
出力はファイバーの有無や波長、パッケージの種類によって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

波長 633nm, 638nm, 660nm, 780nm, 785nm, 808nm, 830nm, 976nm,1064nmまで各種
出力 50mW-4Wまで(波長、ファイバー種類、パッケージなどに依存)
線幅 <100MHz(素子本体は<1MHzまで狭窄化可能)
サイドモード抑制 35-45dB
ページトップ