fraunhofer

fraunhofer社について

ドイツ、フラウンホーファー研究所では1995年よりMEMSミラーの開発を始めました。現在までに最大アパーチャサイズ20mmのミラーや光学スキャンアングル±30度、周波数20KHz、最大入射レーザーパワー2KW(CW)等々、他では見られない優れた特徴の数々を持つMEMSミラーを開発してきました。長い開発の歴史が培った現在までの技術の到達点です。 OQmentedはドイツ、フラウンホーファー研究所のスピンオフカンパニーで25年にわたる MEMSミラーのデザイン、製造方法、ドライブコントロールについての経験があり、現在では産業用途に幅広くMEMSミラーを紹介し、使用が開始されました。特にリサージュスキャンに特化したMEMSミラーは車載、プロジェクターなどの民生品などで高い評価を得ております。

ページトップ